台東区の情報誌「さくらタイムズ」に坂東塾が掲載されました

台東区の情報誌「さくらタイムズ Vol.146 2022年10月号」に坂東塾が掲載されました。
内容は去る9月に実施したお教室のことです。
たくさんの参加者様と、日本の伝統文化や礼儀作法、日ごろ何気なく使っている日本語の美しさを共有できたこと、心から嬉しく思います。
今後もこのような機会を多く作ってほしいとのお声を頂きました。
企画・運営の皆さま、またご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。

掲載して頂いた記事の内容をご紹介いたします。

和ごころ・学ぶ「坂東塾」

9月22日、吾妻橋会館で、元・浅草芸妓の鈴乃さんこと、坂東叙子さんが主宰する「坂東塾による、”和ごころ・学ぶ”」と題し、日本の伝統文化や礼儀作法を学ぶ教室が開催された。

坂東さんは、長年の経験を踏まえ、お弟子さんと交えながら具体的な事例を紹介、SDGsが世界的な動きの中、忘れてならないのは「日本の伝統文化」だと強調。とりわけ普段何気なく使っている「ありがとうございました」という言葉が日本語に在るのは素晴らしいと絶賛し、最後に「浅草名物」の曲に合わせて華麗な舞姿を披露した後、参加者からの質疑応答にも応じた。

なお、開催に尽力頂いた、樋口敏郎・前墨田区議長も議会の合間を縫って顔を見せ進行を見守った。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

「おかげさま」でした❣