着付け・立ち居振る舞い・マナー・コーディネート・接客(もてなし方)教えます。

サイトマップ
現役芸者が教える着付け教室

 浅草 坂東塾 メニュー

教えます

       『坂東塾』
《 「坂東塾」─教えます─は入塾制となっております。》


▷▷長年培った経験をいかした本物の着方、着せ方、芸事、マナーを身に付けたい方。又、芸者に夢をお持ちの方は、連絡お待ちしています


 「坂東塾」では、・着付、・茶道、・華道、・日舞、・お囃子(横笛、小鼓、太鼓等々)・長唄、・小唄、・俗曲、・清元、・お座敷踊り・お座敷マナー、・調理基本、・おもてなしの心、等々は、お師匠さんのご都合の日時でお稽古をして頂きます(月3〜5回 月謝=20,000円)。▷▷


◎入塾費= 30,000円  ◎年会費= 10,000円

◎月謝= 30,000円 ・必須科目月5回─着付け、茶道(日常マナー)─ =お稽古部屋使用料、消耗品費、お師匠さんの盆暮正月挨拶等々= 

◎お稽古時間=12:00〜16:00(20時迄の時もあります)

◎入塾期=中止いたします。

■面接時=この度は中止致します。
 ご迷惑をおかけしますがこの騒ぎが落ち着きましたらご連絡いたします。


◎面接時委細相応(面接時お一人様2,000円ご持参ください)

◎「坂東塾」は2年制として居ります。

◎定員 =10名!

◎お稽古日=必須科目(着付け、マナー)は土、日、祝。月5回。

◎年齢、性別は問いません。

◎未経験の方歓迎!

◎着物の所作、マナー、を身に付けたい方

◎2年目には料亭さんでの実地研修、和・洋食のテーブルマナー講座も。

◎「坂東塾」では卒業時に着物でお稽古の成果を披露する発表会があります。



≪普通科・専門科入塾希望の方へ≫

1. マナーも一緒に普通科で覚えられます(立ち居振る舞い、日常のマナー、等)

2. 覚え易い個人指導です。 

3. 和服で培った、器具、補正を使わない、日本伝統の紐だけでおこなう着付けです。

4. 着物、小道具等はお預かり致します。

5. 普通科又は、専門科で終了する事も出来ます。

6. 普通科〜専門科〜特別科へと進む事も出来ます。

7. 趣味で着付けを習いたい方。茶道からマナーを修得したい方。

8. 世界に通用する日本のマナーは就活の面接にも強い!


≪特別科・芸者育成科をご希望の方へ≫

9. 浅草芸者になりたい方。 

10. 特別専門科=「芸者育成科」をご希望の方はお申し出下さい。

11.就職先⇒花柳界(芸者、接客業等を主とした業種)


「いつの間にか自分を磨いて"らしさ"と"美しさ"に大変身!」


【コース詳細】

■1)普通科(自分で着たい方)
自分で着物から帯まで着付けたい方にゼロから分りやすく手ほどきいたします。
※ 普通科 =普通科〜専門科は2年が目安です。

1) 浴衣=足袋、下着付け方、浴衣着方、たたみ方、細帯、その他。 

2) 単、袷=半襟の付け方。長襦袢、着物、羽織、コートの着方、畳み方、その他。 

3) 帯結び=名古屋帯結び。二重太鼓結び、その他。

4)訪問着=付け下げ、黒紋付、色紋付、衿ヒヨク、小物その他。

5)コーデネート

6)立ち居振る舞い。歩き方。袖、裾の扱い方、その他。

7)現役芸者が教える「おもてなし」教養学(自分みがき、花嫁修業のために!)

8)日本人の大切な日常マナー等。(自国の大切な文化が世界で見直されています)



■2)専門科(人に着付けたい方)
自分で着られて人にも着付けてあげられるように、ひとつ上の着付け方を覚えられます。
※ 専門科(着せ方、着付け方) =部分着付けのヘルプ。下着〜長襦袢〜着物、ひよくの付け方〜名古屋帯〜二重帯結び〜新帯結び=〜他。


■3)特別科(特殊な着付け方)
 ※特別科(芸者の引き着、半玉─関東の舞子─、各種帯結び、日本髪のお化粧、踊りの引き着等々)
 =肌着&襦袢の襟の抜き方、引き着の着付け方、各種帯結び等々。男物─浴衣、着流し、紋付、袴その他=


■4)芸者育成科(芸者の夢を叶えたい方)
着付けから、マナー、日本舞踊、お囃子、茶道、長唄等々まで芸者の必須科目を基礎からしっかり教えます。お稽古未経験者大歓迎、坂東塾ならではの特別なコースです。

∴資格:18歳〜23歳位の明るく健康な方。楽器20〜40歳迄。

∴月謝:1科目のお稽古の回数は、月3〜5回。お師匠さん方と相談の上、お稽古の日程を決めてゆきます。

∴育成期間:基礎は2年。各お稽古は芸者を辞めるまで!


※芸事、マナー、立居振る舞い等は育成、見習い期間が大事です。(身体に身に付く為の育成期間が必要です)。

※育成期間からお見習いを経てお座敷デビュー、お仕事の手配まで面倒をみます。



★「着せます」─お手持ちのお着物をお着せ致します。(ご相談下さい)

:女性用─浴衣、訪問着、留袖。引き着(踊り用、特殊帯結び等)をお着せ致します。

:男性用─浴衣、着流し、紋付、袴等々をお着せします。